紫外線(UV)カットフィルム・赤外線(IR)カットフィルムのことならワイズにお任せください。

フィルムの剥がしについて

当店では基本的にフィルムの剥離作業は1時間当たり 3,000円と設定しております。しかしながら色々な種類のフィルムがある為、どのくらい時間がかかるかは 剥がしてみないと分からないというのが実状です。

 

右の写真はハイエースのサイドガラスですが糊(のり)が完全に残っています。こうなると素人の方にはかなり厳しいと思いますが、業者であれば頑固な糊の場合でも1枚15分程度で綺麗に剥がせるかと思います。但しフィルムを剥がすのに脱着が必要なガラスの場合は、その分の時間がかかります。頑固な糊の場合ですと剥離溶剤を使うこともあり、この場合糊が溶けてドロドロの状態になる為 ドアの内貼り等はバラさないと水切り(内貼りのゴム部分)がベロベロ?になる恐れがあり内貼りの脱着が必要となる場合がございます。

 

◎フィルム剥がし料金の目安 ( 内貼り等の脱着料は含まれていません。)

具体的な作業の内容 予想金額の目安
フィルムが簡単に剥がせ 糊もほとんど残らない。 1,000円前後~2,000円程度 (熱線のみ糊残り)
フィルムは簡単に剥がせるが 糊が半分程度残る。 2,000円~4,000円程度 (糊の強弱次第です。)
メッシュフィルムで ツブツブ状の糊が残る。 3,000円~5,000円程度 (以外と厄介です。)
フィルムが剥がれにくく 糊もほ全体的に残る。 4,000円~6,000円程度 (糊の強弱次第です。)
フィルム自体がちぎれてしまい剥がれない。 最悪です。このページの後半をご覧ください。

 

セダンタイプ・クーペタイプ等は 別途シート等の脱着料金が必要となってきますので ご注意ください。但し貼り替えの場合は脱着料金はフィルム施工料金に含まれますので必要ありません。

 

※当店の平均的な貼り替え時のフィルム剥がし料金は3,000円~6,000円ぐらいです。

 

 

 

 

■ リアガラスのついて・・・
リアガラスの様な熱線があるガラスの場合は、カッター類が一切使えない為、ヘラ等を使って削り取っていく手法になります。熱線上に糊が残りやすいので、超微細なスチールウール等で全体を磨く様に仕上げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

■熱線の剥がれについて
まず右の写真を見てください。リアガラスの外側にタオルを載せて、内側から撮ったものですがオレンジ色の部分が熱線が剥がれた部分です。この様に まれにではありますが、フィルムを剥がす時に 熱線がフィルムの糊と一緒に剥げる場合があります。もちろん慎重に作業を進めるのですが、こればかりはどうしようもありません。最新の車でも熱線が取れやすい車もある様ですが、原因はガラスの製作段階で何らかの理由で熱線の取れ易いモノができたのか?あるいはフィルムの糊が強すぎたのか?もちろん理由を断定する事はできません。20年以上前の車だから剥げてしまう。というものでもありません。だからといって「運が悪かった。」と割り切ることもできませんが・・・

 

このような理由で当店では熱線の剥がれについての保証は一切できませんのでご理解ください。
事前に判断できれば良いのですが・・・

 

 

 

■バブリングについて
リアガラスが、この写真の様な車を見かけたことがありませんか?紫外線や経年によりフィルムの糊が侵され空気が入った様になる現象で、バブリングと呼ばれ、太陽光が長時間あたるセダン車のリアガラス等で起こることがあります。こうなると見た目が悪いだけではなく車内からも非常に見にくくなり危険です。
バブリング現象を確認されたら早めに業者さんに相談されることをお薦めいたします。ほおっておくとバブルがどんどん増えるだけでなくフィルム自体が剥がれにくくなり結果的に剥がし代金が高額になることも考えられます。

 

 

 

■最悪です。
一番厄介なのがフィルム自体が剥げない場合です。この写真はまだ良い方ですが、2㎝~3㎝角ぐらいづつチマチマとしか剥がせないモノもあります。サイドのガラスはスクレッパー(ステッカーを剥がすカッターの様なモノ)等を使えますが、熱線のあるリアガラスはそうもいきません。当店でも昨年末、貼り替えのお車のリアガラスの剥がしに丸一日かかり精神が壊れかけました。(半分はジョークです。)

 

 

当店では何時間かかろうとフィルム剥がし料金の上限は20,000円(貼り替えの場合は15,000円)としております。正直これ以上はお客様の負担が大き過ぎると思いますので・・・
但しお車は、お預かりでないと無理です。

 

 


TOP 施工料金について サイトポリシー 店舗案内 お問い合わせ Y's ブログ